アフターケアの重要性

治療が終わったら

治療が終わってからがお肌のケアが一番重要です。
お肌はアフターケアが非常に大事です。
特に治りかけで治ってしまったと勘違いしてしまい、自己判断で治療を中断してしまう事は非常に問題です。
治りかけはお肌がデリケートな状態になっているため、その状態を放置すると、治りかけのにきびが再び息を吹き替えしてしまいます。
そうなると、もう一度治療をやり直さなければいけないため、2度でまになってしまいます。
そうならない為、フェミークリニックは通いやすい、銀座、渋谷、池袋、新宿、梅田、心斎橋に開院しております。
治ったからといって自己判断で治療を止めず、通いやすい場所へお越しいただければと思います。

アフターケアは大事です

お肌のアフターケアと言ってもどう行えばよいのか、疑問に思ってらっしゃるかたも多いかと思います。
フェミークリニックでは治療後のトラブルが起こらないよう、アフターケアも万全の体制で行っています。
にきびが治ったからといって、お肌の脅威がなくなったわけではありません。
お肌の感想やビタミンの欠乏、誤ったスキンケアなど、お肌のトラブルの原因となる事はなくなりません。
トラブルにあってからでは遅いと言わざるをえず、ニキビ治療後のご相談やケアも専門の相談員を通じて行う事ができます。
ニキビ治療だけがフェミークリニックの役割とは考えず、いつまでも健やかなお肌を保っていただきたいと思います。

なぜ大事なのか

なぜアフターケアが大事なのでしょうか。
にきびを治す事はキレイなお肌を保つ為の手段の一つと考えております。
にきびを完全に治療をしたとしても、生活週間に問題があったり、日頃からのお肌のケアを間違ったやり方で行っていると二キビ再発の原因となります。
また、1ダウンタイムといって、治療を受け手からの回復するまで、腫れなどによって日常生活に何らかの影響や制限を与える機関を個人によって設ける必要がある場合があります。
そういった期間もお客様に不安を与えず、寄り添って治療後のお肌を見守って行く必要があると考えております。
ぜひアフターケアをご活用下さい。