にきびの構造

にきびとは

にきびとは一般的なにきびとは皮膚の炎症性疾患の事です。
医学的には尋常性蓙痩ともいいます。
主に青年期にできるものがにきびと言われ、それ以外のものは吹き出物と呼ばれる事がおおいです。
主に皮脂が多く分泌されるところに多くできます。
黒二キビや白二キビとは、つまった毛穴の中に乾いた皮脂や角質がたまった状態の事を言います。
こういった毛穴がつまる事で二キビができてしまうため、それらを取り除く事が効果的なニキビ治療につながると考えられています。
当クリニックではこういった二キビの構造から、それに沿った治療方法を提案していくことで効率的なニキビ治療を行います。

にきびを放置すると

にきびを放置すると二キビを放置してしまうと二キビを悪化させるだけではなく、二キビの跡が残ってしまいます。
二キビ跡が残ってしまうと、お肌が赤みを帯びてしまったり、二キビ跡に色素が沈着してしまったり、二キビ跡にへこみができてしまったりしてしまいます。
そうなってしまうと、初期状態のにきび治療と比べて、大幅に時間が掛かってしまいます。
二キビは放置するとその他様々なお肌のトラブルの原因ともなります。
まずは二キビができてしまったら、放置したりするのではなく、専門治療院で治療、もしくは相談を行う事が対策の第一歩となるといえます。
当クリニックではそういった患者様をサポートさせていただきます。

にきびを治療する事

にきびを治療する事女性の方にとって、お肌を美しく保つということは毎日生活する上で、大きなモチベーションとなり、その日の生活を大きく左右すると言っても過言では無いといえます。
朝起きて、お肌に大きな二キビができていたら、その日の気分は最悪ですよね。
もしかしたら仕事に出かけたくない、楽しみにしていた彼氏とのデートにも生きたくないと言う気分になるかもしれません。
大げさに言うと、ニキビ治療はその人の生活を支えていると我々は考えております。
一人でも多くのお客様がその日のお肌の状態に満足し、お化粧をして外出できる楽しさを実感していただくため、私たちはここ銀座、渋谷から最適な治療方法を提供してまいります。