二キビ跡が残らないために

二キビ跡はなぜできる

にきび跡は炎症によって皮膚細胞が破壊されてしまい、新しい皮膚が作られなくなってしまうことが原因でできてしまいます。
なぜそのような事が起きてしまうのかというと、二キビが化膿してしまうと免疫反応により白血球が過剰に反応し、皮膚の細胞を破壊して、炎症を止める作用が働いてしまいます。
炎症で周囲の皮膚細胞が破壊されてしまうと、お肌が陥没してしまい、そうなると肌の再生する機能が失われてしまい、自然に回復しなくなってしまうのです。
その状態になってしまうと、お肌が陥没した状態から元に戻らなくなってしまう為、二キビ跡が残ってしまうのです。

油断大敵です

なぜ二キビ跡が残るような事態となってしまうのか、それは二キビを化膿する状態まで放置してしまう事にあります。
その状態まで放置してしまう理由としては、すぐ良くなるだろうと市販の薬を使用したり、適切な治療を初期段階で行わない事が大きな要因の一つです。
市販のお薬に効き目が無いというわけではありませんが、思春期の二キビには有効に働く事もありますが、大人二キビには効き目は薄いのです。
その為、化膿してしまう前に適切に治療を行う事が大事です。
仮に化膿してしまったとしても、まだ諦める事はなく、我々が培ってきたノウハウでニキビ治療を行います。

残さないために

フェミークリニックでは肌の真皮相へ働きかける事でコラーゲンを生成し、お肌の再生を促すフォトRFの治療を行い、肌の生まれ変わりを促進します。
肌の生まれ代わりにより、皮脂腺を収縮し、皮脂の分泌を正常化させます。
さらに熱作用も加えアクネ菌を抑え新たな二キビの発生を抑えます。
また、コラーゲンの生成を促す事でお肌にハリが出てくるため、お肌のトラブルを予防する事もできます。
またコラーゲンが増える一番の恩恵は二キビ跡や、二キビによって凹んでしまったお肌の再生を助ける働きもございます。
続けて治療を行うのも、銀座、渋谷や新宿、池袋、梅田、心斎橋で交通の便も良い為可能です。